赤ちゃん待ちの人におくる不妊治療|体質変化を目指そう

ドクター

妊娠の可能性がある

男の人

無精子症といえば、精巣内でまったく精子が作られない状態というイメージがありますが、約80パーセントは精子の通り道がなんらかの原因で塞がれてしまっているだけで正常に精子が作られているケースがあります。無精子症は自覚症状も特になく、夫婦で不妊検査を受けてみて初めて発覚することもあります。精液の見た目からではわからないので詳しく検査する必要があるのです。無精子症の検査は段階的に行なわれます。一般的には、フーナーテストという子宮頸管の中にある粘液を採取して、精子の運動率などを検査する方法が用いられます。そこでの検査結果が芳しくない場合、直接精液を検査する方法がとられます。その後、ホルモン検査や触診を経て、無精子症と診断されます。無精子症には、精子の通り道だけが塞がれてしまっている非閉鎖性と精巣内で精子が作られていない閉鎖性があります。非閉鎖性無精子症の場合、精子の通り道が塞がれないように治療を行えば、自然妊娠も可能です。また、ホルモン異常によって非閉鎖性無精子症が起こっているときは、ホルモン剤を注射するホルモン治療が行われます。閉鎖性無精子症の場合、条件にもよりますが精路再建手術という方法で自然妊娠が望めます。しかし、この手術には年齢制限があり、35歳以上の場合は精巣にある精子を採取し、顕微授精という方法をとるのが一般的です。妊娠を望む場合は、早めに産婦人科で検査を受け、原因を探ることが重要です。最新の医療では、無精子症でも十分に子供を持てる可能性があります。