HOME>特集>霊園の場所は高齢になっても通える所を選ぼう

高齢者でも利用しやすい霊園を選ぼう

高齢者が霊園を選ぶ時の注目点は、アクセスがしやすい事と、永代供養墓がある事です。永代供養墓とは、お墓の購入者が死んだあとに遺骨を別の場所に移して引き続き霊園がお墓を管理してくれるサービスです。また多摩などの郊外は、霊園が安く行きやすいので霊園を買うのにぴったりです。

霊園見学の流れ

蝋燭

ネットや資料で調べよう

霊園は、見学できるとはいえ沢山あって全ては見学に行けないので、まずはネットや資料から気になる霊園を見つけましょう。

電話で予約を取っておこう

気になる霊園を見つけたら、電話をかけて見学予約をします。予約をするとたくさんの特典があるので、お得です。

霊園見学の予約による特典

予約をしておくと、最寄り駅までの無料送迎車を出してもらえたり、タクシー代が無料になったりします。

係員に案内してもらおう

また予約をしておけば、広い霊園を係員の方が案内してくれます。親切な説明を聞きながら、気に入った区画を見つけましょう。

霊園の場所は高齢になっても通える所を選ぼう

墓参り

お墓に最適な石材とは

お墓の石として最も高級なのは、庵治石という石です。この石は見た目が非常に美しく、加工も簡単な石なので、高級ですがお墓に向いています。逆に墓石で使われている中で最も安価なのは、白御影石です。これは中国産の石ですが、雨風でもなかなか削られない強度を持っており、墓石に向いています。このように、加工のしやすさと耐久力のどちらも高い石が墓石に最適です。

数珠

お墓購入の平均相場

白御影石のお墓の場合、相場は約70万円程度、逆に庵治石のお墓の相場は約200万円程度です。この値段に加えて、墓石の装飾や彫刻を加えたり、芝石と呼ばれる最下段の石を増やしたりといったオプションにより、価格は大きく変動します。

家族でしっかり相談しよう

墓石はかなり高価な買い物である上、故人の思いも関係する品です。なので独断で決めたり、故人の遺志を突き通すのではなく、家族や親族みんなでどの墓石、どの霊園がいいかを相談して決めましょう。

広告募集中