HOME>特集>最近よく耳にするようになってきた家族葬の特徴

最近よく耳にするようになってきた家族葬の特徴

蝋燭

家族葬の特徴

家族葬は、家族だけで行うお葬式というわけではなく、強く希望する人だけで行う葬儀です。つまり、義理で来る、形式的に来る人がいないので、遺族も参加者も気が軽いという特徴があります。また必然的に小規模な葬儀となるので、費用が抑えられたり、やらなければならない準備や仕事が軽くなるなど、メリットが沢山あります。

手を合わせる人

家族葬を執り行う際に知っておきたいこと

普通の葬儀と家族葬は全く違うものだということを知っておきましょう。例えば家族葬では、しきたりやマナーに従った葬儀はむしろ疎まれます。せっかく身内や仲の良い人だけでお葬式をするのだから、フランクに執り行うべきです。また故人の遺志を尊重するのが普通です。故人の望んだ場所で葬儀をする、故人の好きだった音楽をかけるなどがむしろ好ましいです。

霊園

家族葬の費用相場

安く葬式を済ませられるというのも家族葬の利点の一つです。首都圏では、費用の相場は100万円程度と言われています。しかしこれは参加者をもてなす食事を含んだ値段であり、別の場所で宴会という形にするならかなりのコストダウンになります。また郊外ではさらに安く済ますことができ、例えば柏原市なら40万円で家族葬を行うことができます。

家族葬と一般葬の違い

故人を尊重するお葬式

家族葬は、形式やマナーに縛られない自由な葬式です。そのため故人の遺志に従い、故人のことを第一に考えて葬式を行います。エンディングノートがある場合はその内容に従います。

形式を優先するお葬式

一般葬は、親族や友人の他に会社関係者などが形式的に参加するお葬式です。これは日本で昔から行われてきた葬式の方法で、慣習的な作法や内容を守りながら行われます。

広告募集中