赤ちゃん待ちの人におくる不妊治療|体質変化を目指そう

ドクター

補助が受けられる

診察

大阪の産婦人科では、妊娠と病気ではかかる医療費が大きく異なります。妊娠は病気ではないため基本的には保険が適用されません。そのため、病気で大阪の産婦人科を受診するときよりも多くの診察料がかかります。だいたい2万円程度が一般的です。しかし、住んでいる大阪の市区町村から検診料が無料になる補助券などの制度が利用できるので、実際に支払う金額は想定より少ない場合もあります。補助内容は大阪の各市区町村によって異なりますが、検診料が無料になるか費用がかかっても5000円くらいになるでしょう。ですが、この制度を利用するには、しっかりと申請を行なう必要があります。また、妊娠が確定したかどうかを調べる初診の場合は、自己負担になってしまいます。さらに、決められた検査以外の検査を希望して受けた場合も自己負担になるケースが多いようです。県外で嫁ぎ大阪の産婦人科で里帰り出産をする場合、自治体が発行している補助券が使用できないため、一度自分で支払いをした後に払い戻しを受けることができます。また、国からもらえる出産育児一時金を直接大阪の産婦人科の支払いに充てられるシステムを採用している病院もあるので、一度確認しておくとよいでしょう。大阪の産婦人科を受診する際には、検査を受けやすいようスカートで行くことをおすすめします。検査用の特殊な椅子に座るとき、下着を取るように指示されることが多いからです。また、検尿の必要があることが多いため、直前でトイレに行かないようにしておくと安心です。