費用や立地など無理のない範囲で霊園を探そう

墓

現在の葬儀事情

昔は葬儀といえばみんなで行うものでしたが、最近では家族葬が増えています。家族葬とは、家族のみで行い、他の人は一切拒むという形式のものもありますが、親戚や友人など葬儀に参加したいと強く望む人は拒まないスタンスが普通です。要するに、義理だけでなく本当に亡くなった人のことを思っている人だけに来て欲しいというわけです。更に、そもそも葬儀を行わず火葬だけで済ますという、直葬と呼ばれる方法も増えています。この場合は親戚や友人すら呼ばず、身内だけで手軽に済ませます。このように最近は、昔の葬儀の風習が薄れつつあります。

線香

葬儀の種類について

大勢の人に葬儀に参加してもらう葬儀は、一般葬と社葬の二種類です。一般葬では、遺族が喪主となって葬式を開きますが、社葬では会社側が喪主として葬儀の運営をしてくれます。
小規模でやる葬儀は、家族葬と直葬の二種類です。家族葬は、葬儀に参列することを希望する人だけを呼んで葬儀を行います。これに対して直葬は、家族以外の人は誰も呼ばず、葬儀もせずに、火葬だけを行います。また家族葬と直葬の折衷案のような、一日葬という葬儀もあります。これは本来お通夜とお葬式で二日かかる葬儀を、一日にまとめて行うという方法です。遺族や友人のお別れする気持ちと手軽さを併せ持つ葬儀となります。

霊園を選ぶ際のポイント

フラワー

家の宗派を無視しない

家によっては所属する宗派があることもあり、宗派に属している人はその宗派の葬儀をやらなければなりません。

通いやすいところにしよう

特に霊園を選ぶ基準がないなら、通いやすさで霊園を選ぶと、お墓参りがしやすくて便利です。

周りの環境を重視する

亡くなった人がどこの土地出身だった、どこを気に入っていたというように、亡くなった人を尊重する霊園の決め方もあります。

自分に合った値段にする

葬儀や遺骨はかなりのお金がかかるので、これらが自分の財政の負担にならないように選ぶことも忘れてはなりません。

エンディングノートの有無を確認する

エンディングノートとは、余命が分かったり寿命が近いと感じた人が、死ぬまでにやりたい希望や死んでからの希望を書き記すノートです。ここには、その人が死んだあとにどんな葬式をしてほしい、どこの霊園に埋めてほしいといった希望が書かれていることもあるので、見落とさないようにしましょう。

葬儀や霊園選びは情報サイトを活用しよう

インターネットで霊園を探すのは、最も効率の良い方法です。例えば多摩の霊園を探したい時は、ブラウザで検索すれば多摩の霊園の一覧が見られます。それだけでなく、霊園の特徴や値段まで分かるので、ある程度見当をつけられ、便利です。

[PR]
多摩の霊園に相談しよう★
プラン内容が豊富にある♪

[PR]
家族葬を柏原市の業者に依頼
数多くのプランを提供中

広告募集中